日本の伝統文化|桃の節句に使う雛人形の歴史

子供

ランドセルの選び方

女の子

子供にランドセルをプレゼントするときは、一緒にカタログを見て、子供が気に入ったものを購入するようにしましょう。また、品質の良い物は6年にわたって使い続けることが可能です。

More Detail

ひな祭りの歴史

雛人形

雛人形の歴史は非常に古く、その原型は縄文時代から存在されていたといわれています。そもそも、現代では人形は飾り物として扱われていますが、その昔はお守りとしての意味合いが強いものでした。しかし、時が流れるに連れ、人形はお守りから子供の遊び道具としての用途が出始め、ひな祭りの源流となった雛遊(ひいなあそび)が室町時代頃に生まれ、現在の雛人形が生まれたのは、それから遥かに後の江戸時代です。この時期に鳴門、職人による雅な人形が飾られるようになりました。現在でも、女の子が生まれたら雛人形を購入し、家に飾る風習が続いています。
雛人形で重要な役割なのは、お内裏様とお雛様です。なお、お内裏様とは天皇のことを意味します。内裏とは皇室のことであり、皇室に住んでいる人のことをお内裏さまというのです。ちなみに、お雛様も本来はお内裏様と呼ばれるべきなのですが、区別をするため、お雛様と呼ばれています。雛人形は、グレードによってお内裏様とお雛様以外にも五人囃子や三人官女、随臣など、様々な人形が飾られます。なお、一番上がお内裏さまとお雛様であり、二段目が三人官女、その後五人囃子に随臣と続きます。
なお、雛人形の迷信として「ひな祭り後は片付けないと嫁の貰い手がいなくなる」というものがありますが、これには理由があります。その理由とは、役目が終わっているのにいつまでたっても片付けないようなだらしなさでは、嫁の貰い手がなくなる。という意味が込められています。

五月人形の選び方

人形

五月人形は雛人形に比べると、選び方にそこまで拘ることはありません。子供が「これが良い」というものをプレゼントしましょう。また、雛人形と違いいつまで出していても問題ありません。

More Detail

破魔弓の送り方とマナー

人形

破魔弓は縁起物の1つであり、魔除けの効果があるとされています。そのため、正月には飾っておきたいものの1つなのですが他人に送るときにはマナーがあるため、気をつけなければなりません。

More Detail